2020年9月アーカイブ

Beautiful Music

At the end of 2017, we welcomed Sofia from Portugal, Brendan from America and Ellen from England as volunteers at Yakushima Senvus Village. 
2017年の年末、「屋久島センバスビレッジ」に、ポルトガルのソフィア、アメリカのブレンダン、イギリスのエレンをボランティアとして迎えました。

For around a month, they helped us at Yakushima Senvus Village organic farm with various tasks; and also joined students of Yakushima Ohzora High School during various activities and helped them practice their English. 
彼らは約1ヶ月間、「屋久島センバスビレッジ」の農園で様々な作業を手伝ってくれました。
また、「屋久島おおぞら高等学校」の生徒たちといろいろな活動に参加し、英語の練習の手助けをしてくれました。

collage 2.jpg
 
Brendan and Ellen also shared their passion for music with Yakushima Ohzora High School students, by playing some beautiful piano melodies.
さらにブレンダンとエレンは、ピアノで美しいメロディーを演奏してくれて、「屋久島おおぞら高等学校」の生徒たちと音楽の素晴らしさを分かち合いました。

Thank you all for making our students stay even more special. ^^
生徒たちと過ごす時間を、より特別なものにしてくれてありがとう!^^


Shiratani Unsuikyo Ravine

Another popular touristic spot in Yakushima is the Shiratani Unsuikyo ravine. 
屋久島の人気観光スポットのひとつに、「白谷雲水峡」があります。

 DSC_0349-3.jpg

Shiratani Unsuikyo ravine is a moss-covered forest located around 600-1100mts above sea level, famous for having served as an inspiration for the setting of Studio Ghibli's movie "Princess Mononoke". 
「白谷雲水峡」は、標高600〜1,100mにある苔むした森で、「スタジオジブリ」の映画「もののけ姫」の舞台のモデルになったことで有名です。

 shiratani2.jpg

The ravine has a lot of trails with different levels of difficulty, which can take from 1 to 5 hours. 
Along the trails, besides all kinds of evergreen trees, you can also find ancient cedar trees. 
渓谷を歩くコースには、1時間前後から5時間前後まで、難易度の異なる多くのコースがあります。
登山道沿いには、あらゆる種類の常緑樹のほか、古代の屋久杉も見られます。

 shiratani unsuikyo.jpg

Surrounded by giant trees, plants that grow from moss-covered rocks and the sound of the water flowing through the streams; you can feel the life of the forest and refill yourself with energy. 
巨木や、苔に覆われた岩から育つ植物、そして川を流れる水の音に囲まれ, 森の生命を感じ、元気を取り戻すことができます。


Luffa

This is a Luffa, a vine plant native to South and Southeast Asia. 
これは、南アジア~東南アジア原産のつる性植物、「ヘチマ」です。

118146397_3115447321857768_1042632470638350247_o.jpg

The young fruit is eaten as a vegetable, and there is actually a lot of ways to eat it in the South of Japan, as well as other countries of the area. 
But the fully ripened fruit is actually inedible, and is used as the sponge we all think of when hearing the word luffa. 
若い果実は野菜として食べられていて、実際、南日本やアジアの他の国々でも、いろいろな食べ方があります。
しかし完熟した実は食べられないため、「ヘチマ」という言葉を聞くと、多くの人が「タワシ」を思い浮かべます。

The vine is also commonly planted in the south of Japan to produce a natural "green curtain" to be guarded from the sun. 
南日本では、太陽の日差しを遮る自然の「グリーンカーテン」としてよく植えられています。

Next time you visit Yakushima Senvus Village, you might see a "green curtain" made of Luffa! 
「屋久島センバスビレッジ」を訪れたら、「ヘチマのグリーンカーテン」を見られるかもしれません!

Volunteers

Last year around September, we were enjoying the company of three volunteers: Carmen from Australia, Till from Germany, and Katalina from the United States. 
昨年の9月ごろ、オーストラリアのカーメン、ドイツのティル、アメリカのカタリナの3人のボランティアの皆さんと、楽しい時間を過ごしました。

DSC_0353.JPGのサムネイル画像

Besides helping us with different tasks at Yakushima Senvus Village and Yakushima Ohzora High School; volunteers have taught us all, students and staff alike, about other countries and cultures. 
3人は、「屋久島センバスビレッジ」や「屋久島おおぞら高等学校」で、さまざまな仕事を手伝ってくれました。彼らは、生徒であれスタッフであれ、私たち全員に、他の国や文化について教えてくれました。

I hope we've helped them understand Japan a little better too. 
私たちも、彼らが日本のことを理解するのを手伝えていたらいいなと思います。

page top