2020年5月アーカイブ

Mt. Mocchomu

Mt. Mocchomu is a granite formation with the summit located inside Yakushima's World Heritage Site protected area. 
モッチョム岳は花崗岩からなる山で、山頂は屋久島の世界遺産区域の域内です。

mochomu dake1.jpgのサムネイル画像

With only 940m high, Mt. Mocchomu is actually one of the steepest and most strenuous hikes in Yakushima. The trail starts from Senpiro-no-taki Waterfall's parking lot, and on the way to the top you can find a large variety of plants and insects, a cedar tree thought to have around 3000 years old called Bandai-sugi, and amazing views. 
標高940メートルのモッチョム岳に登るのは、実は屋久島で最もハードな登山の一つです。
登山道は千尋滝の駐車場からスタートし、途中には多種多様な植物や昆虫、万代杉という樹齢約3000年と言われる屋久杉、素晴らしい景色などが見られます。

From the top of the mountain you can see the town of Onoaida, the coastline and the Pacific Ocean far out. 
山頂から、尾之間の街、海岸線や遠くの太平洋まで見渡せます。

IMG_3429.JPG

While taking a walk around the Jomon rice fields on Yakushima Senvus Village, you can see Mt. Mocchomu on the background of the Karakuri water mill and the "Celebration 100" topiary monument, as if it were watching over us. 
屋久島センバスビレッジの「縄文水田」の周りを散歩すると、「カラクリ水車」と、「セレブレーション100」というモニュメントの背景に、見守ってくれているようなモッチョム岳を見ることができます。


Feijoa Flower

This beautiful flower belongs to the Feijoa, a fruit tree native to South America. 
Because of Yakushima's unique weather, we are able to grow it here on Yakushima Senvus Village. 
この美しい花は、南米の果樹「フェイジョア」の花です。
屋久島特有の気候のおかげで、「屋久島センバスビレッジ」ではフェイジョアも育っています。

feijoa flower.jpg

The flower of the feijoa blooms between May and June, and they are actually edible. The light pink petals are said to taste sweet, with hints of feijoa and mint flavor. 
5月から6月にかけてフェイジョアの花が咲きますが、この花は食べることができます。
淡いピンクの花びらは甘く、ほんのりとフェイジョアの実とミントの味がすると言われています。

The fruit can be harvested between October and November. 
フェイジョアの実は、10月から11月にかけて収穫されます。

I'm looking forward to trying them both. ^^
花と実、どちらも食べるのが楽しみです。^^

Rice Relay Paddy

Through the year, students of Yakushima Ohzora High School and volunteers take part of the "Rice paddy Relay", where they grow rice on paddies that recreate the ones of the Jomon Period, following traditional organic techniques. 
屋久島おおぞら高等学校の生徒たちとボランティアは、年間を通して「リレー水田」に参加し、縄文時代の水田を再現した「縄文水田」で、伝統的な手法で完全無農薬のお米を栽培しています。

57451018_2085282594874251_7453908986224443392_o.jpg

Since the rice takes months to grow, the students take part of only one step of the process, learning the importance of communicating and trusting their partners as well as the ones that will be responsible for the next step.  
お米の栽培には何カ月もかかるので、生徒たちは栽培過程の1つの段階だけに参加し、次の段階を担当するパートナーとのコミュニケーションや信頼の大切さを学びます。

Students and volunteers couldn't come this month, but the teachers of Yakushima Ohzora High School came and took care of the corresponding step.  
Thank you teachers for watching over the "Rice paddy Relay", so students can continue with the process once they come back.  ^^
今月は生徒たちとボランティアが来られませんでしたが、屋久島おおぞら高等学校の先生たちが、今回の作業をするために来てくれました。生徒たちが来たときにお米の栽培を続けられるように、先生たちが「リレー水田」を見守ってくれています。ありがとうございます^^

95014318_2817634954972341_8672486333035315200_o.jpg


Passion Flower (Passiflora)

Because of Yakushima's subtropical weather, at Yakushima Senvus Village we are able to grow the Passion Fruit, a vine native to South America. 
屋久島は亜熱帯性気候にあるため、屋久島センバスビレッジでは、南米原産である「パッションフルーツ」を栽培することができます。

62255992_2161859753883201_2488616188603531264_o.jpg

The flower of the passion fruit is called Passion flower or Passiflora. The one we grow at Yakushima Senvus Village is the blue passion flower or passiflora caerulea, known in Japan as the "clock grass" flower, because it looks like the dial of a clock. 
パッションフルーツの花である「パッションフラワー」は、花が時計の文字盤に似ているところから、日本では「時計草」と呼ばれています。屋久島センバスビレッジで育てているのは、青いパッションフラワーです。

4.jpgのサムネイル画像

Between April and May, we pollinate by hand the organically grown flowers, and between June and July we can harvest the fruit. The number of flowers determinate a good harvest. 
無農薬栽培で育てた花を4月から5月にかけて手作業で授粉し、6月から7月が果実の収穫期です。
「パッションフルーツ」が豊作になるかどうかは、この花の数で決まります。

We are looking forward to this year's harvest. 
今年の収穫が楽しみです。

page top