2009年8月アーカイブ

とにかく開墾!

8月も終わりに近づきました。

 

 

畑の中で唯一すでに開かれていた箇所。

しかし、表土はすべて取り去られており、
とても農業に適したものではありませんでした。

 

 

0002.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

30数年前には畑だったという土地。

しかし、私たちがこれから畑にしようとする土地は、
どこも地表が見えないほどに草木が茂っていました。

 

 

0003.jpgのサムネール画像 

 

 

開墾は手作業ではとても無理な状態。

重機を入れて、茅や篠竹の根を抜いてゆく。

屋久島の夏の暑さは常軌を逸しています。

連日体感温度は40度を超えた中での作業。

 

 

0005.jpg

 

畝(うね)ができました

8月14日。

耕運機の成果です。こうして畝すじが見えてくるだけで、
ぐっと畑らしくなってきます。

 

012.jpg

耕運機の活躍

8月も半ばの13日...。

 

ヤブを切り開いた畑に耕運機をかけます。

土の中には雑木や茅などの根がたくさん含まれ、
耕運機の刃に絡み付く。

何度も機械を止めて掃除しながらの作業です。

 

011.jpg

味わえませんが...。

8月5日、夏の盛りの記録です。

 

010.jpg


5月末に種を植えたオクラが、やっと収穫できるほどに。

しかしまだガマン、このオクラは来年以降のために
「種」をとるためのもの。

ウコンのなかま

8月4日の農園です。

植えてあるのは「葛ウコン」別名「島カタクリ」。
名前の通りウコンの仲間で、根からでんぷんを取ります。

 

009.jpg

page top