Wilson's Stump

One of the most famous touristic spots in Yakushima is the Wilson's Stump, a stump of yakusugi (cedar tree from Yakushima) so big, that if it had not been cut, it could have become one of the largest trees not only in Yakushima, but also in Japan. 
屋久島で最も有名な観光地のひとつは、屋久杉の切り株である「ウィルソン株」です。「ウィルソン株」はとても大きいため、もし切られずに残っていれば、最大級の屋久杉のひとつであったと思われます。

2446033_s.jpg 

It is believed that this cedar tree was cut down by order of Toyotomi Hideyoshi in the latter half of the 16th century. And about 100 years ago, it was rediscovered by botanist Ernest Henry Wilson, after who was named.  
この杉の木は16世紀後半に、豊臣秀吉の命令で切り倒されたと言われています。そして約100年前、植物学者のアーネスト・ヘンリー・ウィルソンによって再発見され、その名にちなんで「ウィルソン株」と名付けられました。

The hollow stump is big enough for people to go inside, where you will find a small shrine and spring water flowing out. 
切り株の内部は人が入るのに十分な広さで、小さな祠があり、清水が湧き出ています。

 2333061_s.jpg

It's a famous power spot for improving love relationships in Yakushima, because of the beautiful heart-shaped sky you can appreciate by looking up from inside. 
内側から見上げるとハートの形をした美しい空が広がるため、屋久島屈指の恋愛パワースポットとなっています。

page top