2013年2月アーカイブ

ヤッコソウ

yakkosou.jpg

 

センバスビレッジ内の川沿いに生息しているヤッコソウ。
受精が終わり、黒くなっています。

 

ヤッコソウ科はすべて寄生植物で、シイ類の根に寄生し、

葉緑素を欠く多年草です。
四国南部・九州南部に分布し、世界一大きな花として知られる

ラフレシアと同じ仲間です。

 

ヤッコソウという名前は、形が奴さんに似ていることから

牧野富太郎博士が命名したことで有名ですね。

 

シロハラ

屋久島の冬にやってくる野鳥の「シロハラ」です。
その名のとおり腹が白く、

飛ぶ姿は尾羽の両端が白く見えます。 

 shirohara.jpg


最近、このシロハラをはじめ「ヒヨドリ」「ツグミ」など
野鳥が農作物を荒らす被害が多く、
島内でも深刻な問題となっています。

 

センバスビレッジでは対策として、
タンカンの実一つひとつに保護袋をかぶせて、
大切なタンカンを守っています。

豊作です!

 tankan shuukaku(fecebook用).JPG

 

園内のタンカンが綺麗に色付き、
収穫の時期を迎えています。

 

今年のタンカンは大きくしっかりとした実で、
豊作です!

 

土作りにも手をかけてきたため、
年々、美味しいタンカンが出来ています。

 

ぜひ、甘い甘いセンバスビレッジのタンカンを
ご賞味くださいね。

 

緑のじゅうたん

 midori no jyutan.jpg

 

屋久島は世界有数の苔の宝庫だということは有名ですが、
センバスビレッジ内にも見事な苔が生育しています。


川沿いを中心に、湿気の多い木々や岩石に緑のじゅうたんを

演出し、私たちの目を引きつけています。

 

page top