2012年9月アーカイブ

ゴンズイ

この時期綺麗な①.jpg


この時期、森では赤くて綺麗なゴンズイが咲いています。

 

ゴンズイは、ミツバウツギ科の落葉小高木です。

和名は、小枝に白い縦縞がある見た目と、
用途がないところが、同じく役に立たない魚とされる

「ゴンズイ」から付けられたと言われます。

 

夏に付けた赤い実が熟して皮が割れ、

秋には中から黒い種子が顔を出します。
この赤と黒の対比が美しく、

森の緑のアクセントにもなっていて、
ビレッジでは観賞用として立派に役立っています!

台風一過

台風16号が屋久島を通過して行きました。
かなり大きな台風でしたが、
翌日はすがすがしい晴天となりました。

  台風一過 大.jpg

自然との共生は大変ですが、
台風がもたらしたこの青空と緑の濃さに、
あらためて自然の力強さを感じました。

ハナシュクシャ

センバスの駐車場の周りに植えてある「ハナシュクシャ」①(2012.9.5).jpg

  

ハナシュクシャは、インドやマレーシアに分布している
ショウガ科ヘディキウム属の多年草です。
別名「ジンジャーリリー」といい、

日が短くなる晩夏から開花しはじめます。

 

今の時期はちょうど白い花を咲かせており、

甘い香りが漂っています。

駐車場に植えた時は小さい苗でしたが、

あっという間に1メートルほどに成長し、

今では駐車場がこの白い花でいっぱいです。

 

開花期の11月頃まで咲き続けるので、

これからも楽しみです。

虹の演出

水車小屋バックに虹(2012.9.4).jpg


8月下旬から季節が秋に近づくと、
夕立が屋久島の山々に潤いを与えてくれます。

 

また、夕日も、センバスの水車小屋のちょうど後ろに
虹の演出をしてくれます。
しかも二重の虹が良く出るので、ダブルで幸せな感じです。

 

屋久島の虹の演出は見逃せないですね。
これからもお楽しみに・・・。

6月に田植えをした古代米が、元気にすくすくと育っています。

古代米500.jpg

縄文水田には黒米、赤米、緑米、香米といった
4種類の古代米が植えられています。

この水田に古代米が植えられるのは、今年で3年目。
今年は台風も多く、心配していましたが、
過去2年間の経験を活かして立派な苗を育てることができました。

現代のお米と比べると、古代米の収穫の時期は少し遅く、
稲刈りの予定は9月下旬です。

9月は稲穂もきれいに実る時期ですので、
ぜひ、縄文水田の古代米を見に来てください!

page top