2012年6月アーカイブ

セイヨウカノコソウ

今日は"香りの庭"から、セイヨウカノコソウをご紹介します。

 

08セイヨウカノコソウ.jpg

 

 

サプリメントなどで目にすることのある

俗名の"バレリアン"の方が有名かもしれませんね。

 

セイヨウカノコソウには、根や茎に薬効があります。

不眠症やストレスなどに効果があるそうです。

 

こんなに可愛らしい花が咲く植物に

薬草としての効果があるなんて、

とても不思議な感じがしませんか?

 

薬の原材料を調べてみると、セイヨウカノコソウのように

新たな発見があるかもしれませんね!

アマチャ

屋久島センバスビレッジには、アマチャを植えてある場所があります。

今年はこんなにきれいな花が咲きました。

 

 

04アマチャ.jpgのサムネイル画像

 

 

アマチャは、4月にご紹介した、ガクアジサイの一種です。

葉っぱをお茶にして飲めることから、

甘茶(アマチャ)と名付けられています。

 

このアマチャは、昨年のこの時期に植えかえしたものでした。

植えかえ当初は全く元気がなく、枯れてしまうのでは...と心配していたのですが、

今年は、元気に花を咲かせてくれました。

 

たくさん植えてありますので、屋久島センバスビレッジにお越しの際は、

是非アマチャを探してみてくださいね!

フェイジョア

フェイジョアがきれいな花を咲かせています。

 

 

02フェイジョア.jpg 

 

 

現在、フェイジョアは、屋久島センバスビレッジ内の、

整備中の敷地に植えられています。

 

フェイジョアの"花びら"が食べられるのはご存知ですか?

写真の白い部分が花びらです。

ちぎって食べると、果実のような甘い味がします。

 

皆さんに早く公開できるように、頑張って整備しています!

 

ヤクシマシャクナゲ

ヤクシマシャクナゲがきれいに咲いています。

 

 

01シャクナゲ.jpg

 

 

ヤクシマシャクナゲは屋久島だけに見られる固有変種です。

5月下旬~6月ごろに白やピンクのとても美しい花をつけます。

 

ヤクシマシャクナゲは標高約1000m以上の高地に見られる花です。

ヤクシマセンバスビレッジの標高は200m程度なので、

本来なら、ヤクシマシャクナゲが育つ環境ではないところです。

 

ではなぜヤクシマシャクナゲが屋久島センバスビレッジで

元気に育っているのかと言うと、

「低地で種から育てたから」なのです。

 

本来なら見られない標高で咲くヤクシマシャクナゲ。

ぜひ見に来てくださいね!!

屋久島は梅雨に入りました。

今日も小雨です。

 

林 芙美子著の「浮雲」で、

"屋久島は1ヶ月に35日雨が降る"と書かれていますが、

梅雨の間は本当に毎日雨が降り、毎日のように虹が見られます。

今日は、水車小屋の向こう側に、綺麗な虹がかかっていました。

 

 

水車小屋と虹.jpg

 

 

梅雨は植物にとって、とても嬉しい季節です!

屋久島センバスビレッジの植物も、

雨の恵みを受けてすくすくと育っています。

 

梅雨でも楽しめる屋久島センバスビレッジに、

是非ご来園ください。

page top