2011年10月アーカイブ

センバスビレッジ竣工式

10月2日、屋久島センバスビレッジの竣工式が無事に執り行われました。

 

 

【サイズ修正】竣工式.jpg 

 

 

写真は竣工式の様子です。

 

竣工式後は、テラスカフェにて直会(なおらい)を執り行いました。

テラスカフェは、オープンテラスでとても開放的な空間になっています。

 

 

【サイズ修正】テラスカフェ.jpg 

 

 

午後からは、短い時間ではありましたが、

島内の方々をお招きし、センバスビレッジ内のお披露目をしました。

 

今回、竣工式にご参加いただいた皆様、

ならびにセンバスビレッジにご来場いただいた島の皆様、

お忙しい中お越しいただき誠にありがとうございました。

 

来春のグランドオープンに向け、

スタッフ一同、より一層励んでいきたいと思います。

芙蓉

この時期、センバスビレッジ内では「芙蓉(フヨウ)」が見られます。

見ためはハイビスカスと似ていて、ハイビスカスと同じ仲間の

アオイ科フヨウ属の花です。

 

 

【サイズ修正】芙蓉.JPG

 

 

原産地は中国で、台湾、日本の沖縄、九州、四国に自生しています。

花言葉が「繊細な美」とあるように、昔から美人に例えられているようです。

 

文豪たちは次のような歌を詠んでいます。

「反橋(そりばし)の小さく 見ゆる 芙蓉かな」 夏目漱石

「白き芙蓉 あかき芙蓉と かさなりて 児のゆく空に 秋の雨ふる」 与謝野鉄幹

 

また、「酔芙蓉(スイフヨウ)」という観賞用品種もあり、

朝に開花した時は白花で、夕方になるにつれだんだんと花弁がピンク色になるという珍しい花です。

花の色が変わる様子を、酔って赤くなることに例えこの名前がつけられたと言われています。

 

芙蓉はとても優しい香りがするので、見かけた時はぜひ香りを楽しんでみてください。

屋久島タンカン

 

タンカンは屋久島を代表する農作物です。

タンカンは、ポンカンとネーブルオレンジの自然交配で出来た柑橘系の果物で、原産は中国と言われています。

柑橘系の果物の中でも特に糖度が高く、温州みかんの約2倍の割合でビタミンCが含まれているとも言われています。

 

地元では、冬に収穫したタンカンを搾ってジュースにし、

そのまま冷凍保存したものを、夏の暑い時期にジュースとして飲むという贅沢な楽しみ方をするそうです。

 

また、ジャムに加工したり、

食べ終わって干した皮をお風呂にいれたりしても楽しめます。

 

屋久島センバスビレッジのタンカンも、すくすくと成長中です。

 

【サイズ修正】タンカンの木写真.jpg

 

 

【トリミング】タンカン写真.jpg

 

 

2月の収穫が楽しみです。

縄文水田

こんなに稲穂が実ってきました!

 

【サイズ修正】稲穂写真.jpg 

 

 

これは黒米の写真です。

 

以前にも田植えの様子をブログで紹介しましたが、

丈も伸び、ノギ(もみの先にある針に似た突起)もでてきました。

 

古代米は稲丈が高く、ノギが長いことが特徴です。

 

また、それぞれに栄養価が高く、黒米はビタミンB・E、鉄分、カルシウムが豊富で、赤米はたんぱく質やビタミン、ミネラルが多く含まれています。

 

以前、センバスビレッジで収穫した黒米・赤米を白米に混ぜて炊きましたが、とても美味しく、色鮮やかなごはんになりました。

 

収穫がとても楽しみです。

 

 

【トリミング】モッチョム写真.jpg  

 

 

水田の近くからはモッチョム岳も望むことができ、

きれいな山や空を近くに感じることができます。

page top