2011年8月アーカイブ

ギョボク

以前、『ツマベニチョウ』についてご紹介しましたが、

今日は、そのツマベニチョウの食草である『ギョボク』についてご紹介します。 

『魚木』と書き、材が魚釣りに使う「疑似餌(ルアー)」に利用されたことが、名前の由来となったそうです。

 

 

【サイズ修整】写真②(8月分).jpg

 

 

ツマベニチョウがたくさん来てくれるよう、願いを込めて植樹しました。  

最近は、少しずつセンバスにツマベニチョウが遊びに来てくれるようになりました。

サクララン

今日は、屋久島センバスのスタッフが大好きな花を紹介します。

ちょうど今の時期に、とってもキレイな可愛らしい花を咲かせる『サクララン』です。

 

この『サクララン』、名前に"サクラ"とつきますが、

皆さんがよく知っている"桜"とは全く関係がありません。

つる性の植物で、多肉質で光沢のある美しい葉が特徴です。

淡いさくら色の小花が咲き、微かな芳香があり、美しくもあり可愛らしくもある植物です。

 

【サイズ修整】写真①(8月分).jpg 

 

 

サクラランの花言葉は...

 

『人生の出発』。

新しい出発という意味を込めて、これから何かにチャレンジしようとしている人に、プレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

よっしーファーム

今日はセンバスで働いている研修生の農園を紹介します。

研修生のニックネームより、『よっしーファーム』と呼んでいます。

 

 

【サイズ修正】写真2.jpg       

 

 

美味しそうな、シシトウが立派に実りました。

 

 

【サイズ修正】写真3.jpg         

 

 

ちなみに、よっしーファームの周りを囲っている網は、ある動物対策のためです。

その動物の足跡は...。

 

【サイズ修正】写真4.jpg 

 

 

正解はシカです。かわいいけれど、実は困らせられる存在です。

好物は新芽なので、網をかけないと大切な野菜の新芽をパクパクと食べてしまいます。

ツワブキ

 

 

【サイズ変更】10.jpg 

 

 

この「ツワブキ」とても綺麗な花が咲くんです。

11月頃に県道沿いに咲く黄色の花は一際目を引き

晩秋の屋久島を彩ります。

11月頃に屋久島を訪れる方は必見です!

 

フキに非常に似ていますが、

フキと違ってツワブキは多年草です。

 

このツワブキ、屋久島では仏教の御講(おこう)の頃に

花が咲くことから、「オコバナ」とも呼ばれています。

 

また、食べることができるので、

甘辛煮やつくだ煮にすると美味しいですよ。

page top