2010年4月アーカイブ

これが昔ながらの...。

田植え機による田植えが一般的な
なか、あえて手植えをしてみました。

 

100402_.jpg

 

最近では、若い世代を中心に、田植え
経験ツアーや、田植えボランティアなど
も増えているようですネ。

でも、これはキツイ作業でした... ( - - ;

田植えのお手伝い

研修生が、センバスビレッジのご近所さん
の田んぼに、田植えのお手伝いに行きました。

 

100402_1016~01.jpg

 

普通に田植え機を操作しているように
見えますが、これ、結構難しいんです!

 

100402_0951.jpg

 

なにごとも経験!

わたしたちが毎日いただくお米は、
こうして生産されているんですね...。

昨年の秋に、果樹園に植えた
『ブルーベリー』の苗が成長し、
こんなにたくさんの花を咲かせ
ています。

 

DSCN1027.jpg

 

食べて美味しく、カラダに良い
ありがたい果実が実るまで、
あと少しです。

 

DSCN1028.jpg

 

ブルーベリーの花は、こんなに
可憐な姿をしています。

昨年11月に、新しい畑に種イモを
作付けしたジャガイモは、ご覧の通り
収穫の時期を迎えました!

 

DSCN1022.jpg

 

研修生の鍬(くわ)を操る動作も
板についてきました。

 

DSCN1024.jpg

 

ジャガイモは、ひとつ一つ丁寧に
手作業で土を落としていきます。

畑が新しいので、掘り出されるジャガイモは
小ぶりなものが多いようです!

来年は、もう少し大きくなるといいのですが...。

3月に、センバスがお世話になっている全国の
みなさまへ、研修生が収穫した屋久島名産の
『タンカン』をお送りしたところ、たくさんの方
から、
お礼を兼ねて激励のお便りを頂戴しました。

 

DSCN0992.jpg

 

センバスグループでは、これからも研修生を
受け入れ、農業の大切さを学び、人生の糧と
してもらえるよう努力してまいります。

サトウキビの作付けは、こんな感じになります。

 

DSCN0983.jpg

 

なんか、棒が規則的に並んでいて、
不思議な光景です。

でも、これが立派なサトウキビとなって、
わたしたちに大地の恵みを与えてくれるのです!

 

DSCN0982.jpg

 

これは、鹿児島県の奨励品種である
『農林22号(Ni22)』という種類のサトウキビです。

この品種は、成長が早いのが特徴です。

これから、サトウキビの成長も定期的にレポート
してまいります!

さて、これはいったい?

研修生の二人が、トラクターを使って
畑に畝(うね)を作ります。

 

DSCN0952.jpg

 

ある作物を植えるためですが、
コレ、なんだかわかりますか?

 

DSCN0981.jpg

 

いまでは、屋久島ではあまり生産されなくなって
しまったこの作物...。

安いものは東南アジアから輸入されています。

国内では奄美、沖縄地方で盛んに生産されています!

水車の予定地

ビレッジのほぼ中心にあたるエリアに、
水車を造る予定です。

予定地から散策路方面を望む写真です。

 

画像07.jpg

 

このあと、少し掘り下げて、水を流します。

水車は、日本でも指折りの水車名工の方へ
お願いして設計、施工していただきます。

 

画像08.jpg

 

逆の角度からは、こんな感じです...。

page top