2010年1月アーカイブ

そういえば、先日...

とても寒い日がありました。

さかのぼること、1月13日のことです。

この日は朝から冷たい雨のため作業は中止。

明けて今日、朝イチは少し青空が見えました。
山が冠雪していました。
寒いはずです。

 

068.jpg

 

振り返ればまるで「ラピュタ」が隠れていそうな
カナトコ雲。

そして雨が降りだしました。

屋久島の天気は不思議です。

水車の予定地

先日、日本が誇る水車職人の野瀬さんが来島されました。

 

067.jpg

 

建設予定地の確認などの打ち合わせを行いました。

写真の真ん中に立っているポールが、完成した水車の高さ。
直径8メートルのものを予定しています。

右手の雲にけぶる山はモッチョム岳。

屋久島山麓水

1月23日の井戸の写真です。

センバスビレッジでは、屋久島の自然が育んだ
天然水を採取しています。

その名を「屋久島山麓水」としました。

ビレッジの上の、山の中腹に掘った井戸から、
長い年月をかけて自然の力で濾過された、
とってもおいしい水です。

 

1.jpg

 

屋久島は花崗岩(かこうがん)が多いので、
井戸から汲み上げる水には泥や塩分はもちろん、
不純物はほとんど含まれてません。

また、井戸は国有林のスグ下に掘っているため、
周囲には人家がなく、まったく汚染されていない
のが特徴です。

はるか昔、屋久島に降った雨が、山の土に浸み、
その後は光を浴びずに濾過され、わたしたちに
自然の恵みを与えてくれています。

 

2.jpg

 

写真は、ボーリングが終わって稼動し始めた
井戸のポンプ機の様子です。

いつか、多くの人に「屋久島山麓水」をおためし
いただけたら嬉しいです。

「ヒメシャラ」です

1月20日。

今日は、島内の業者さんに職採用の木を見に行きました。

 

066.jpg

 

これは「ヒメシャラ」という木です。

サルスベリのようにつるつるした表皮が特徴です。

残念ながらこの木は移植するには大きくなり過ぎ、とのこと。
でも、ヒメシャラはほしいですね。

ユンボの兄弟!?

1月18日の将来の畑の様子です。

 

065.jpg

 

大型のユンボ(重機)が登場しました(奥の一台)。

前から活躍している手前のものと並ぶと、まるで兄弟のよう。

二台で畑の整地をしてゆきます。

1月15日のダイコン君です。

10 月に植えたダイコンも、
ずいぶんダイコンらしくなってきました。

 

064.jpg

 

苦戦している畑だからこそ、成長がうれしい

草刈りデビューです...

1月13日、とうとう農業研修生たちが、
草払いデビューしました。

 

061.jpg

 

エンジンつきの草刈り機は危険も伴うため、
畑作業に慣れるまで待っていました。

彼らはますます畑の力強い戦力となっていきます。

展望スペースから!

1月10日、展望スペースからの景色です。


展望スペースを予定してる場所から海を望みます。

太平洋と東シナ海が一望できるポイントですが、
目の前には山桃の木が枝を張っています。

なるべくならば伐採はしたくない、しかしお客さまに
眺望も楽しんでいただきたい......。

最小限の枝を払わせていただきました。

 

059.jpg

             ↓↓↓

060.jpg

「鑑真和上」上陸の地

1月7日、今日は地元のガイドさんにご案内いただき、
鑑真和上の屋久島への上陸地へ。

 

057.jpg

 

1250 年以上前に嵐を避けて遣唐使と鑑真和上一行が
漂着したのがこの地。

入り江の奥の岩上で島の人たちに説法をなさった場所
とのこと。

奇しくもペットボトルが...。

 

058.jpg

鹿児島地方の年中行事

1月7日、「鬼火焚き」が行われました。

 

062.jpg063.jpg

 

夕方、畑作業から降りてゆくと煙が上がっていました。

今日、1月7日は屋久島全島で「鬼火焚き」と呼ばれる
行事の日です。
正月飾りなどを炊き上げる行事、と聞いていましたが、
見るのははじめて。

しめ縄が天をつくように立てられ、炎が登ります。

仕事はじめです!

1月5日の畑です。

 

056.jpg

 

まずは現場事務所に空気を通し、
地元の神社に今年の作業の無事を
祈りつつお参りさせていただき、畑の見回り。

年末年始は農業主任が島に残って
お世話をしてくれていましたので、
ジャガイモもタマ
ネギも元気です。

新年、あけましておめでとうごおざいます。

私たちセンバス・グループにおきましては、
第一次産業、第二次産業、第三次産業が
有機的に結びつき循環する『第六次産業』の
創出を目指して、多くのことにチャレンジして
まいります。

私たちは、『教育』と『地域活性村づくり』を
担える企業として、農林水産を基盤にした
新しい産業振興を通じて、世界、そして未来へ
の取り組みを力一杯サポートしていきます。

『安心して生活できる環境を創り、生きている
実感を得られる社会を構築したい』
それが私たちの願いであり、使命だからです。

この輝かしい年が、みなさまにとって素晴らしい
一年でありますように!

 

kagamimochi.gif 平成二十二年 元旦 kagamimochi.gif

page top